「賞与」タグの記事一覧

賞与にも社会保険料が発生する

賞与・寸志なら社会保険料とらなくていい?という疑問を持つ方もいらっしゃるかと思いますが、これは間違いです。

寸志という名目であろうと、ボーナス・賞与という名目であろうと、次の要件を2つとも満たすと社会保険料の対象となります。


  • 労働の対価=見舞金や結婚祝い金など、労働の対価ではないものは、社会保険料の対象となりません。
  • 年に3回以下支払われるもの=年に4回以上支払われるものは、毎月の給与に加えて計算します。


名称にかかわらず、この要件を満たすと社会保険料の対象となりますので、社会保険料の控除を忘れずに行ってください。



なお、社会保険料を控除すると見た目が減るので、できれば賞与額から控除したくない、という場合もあるでしょう。

その時は、賞与分の社会保険料を翌月払いの給与から控除しても構いません。ただし、賞与額が大きいと、控除する社会保険料も大きくなります。

給与の手取り額がかなり減ってしまうことも予想されますので、ご注意ください。



賞与から控除する社会保険料額


賞与から控除する社会保険料額は、いつも給与から控除している額ではありません。賞与額に応じて支払うことになります。

社会保険料や所得税などを控除する前の「支給総額」の1,000円未満を切り捨てた額に、健康保険・介護保険・厚生年金保険の保険料率を乗じます。
これらの保険料率は毎年発表されています。

注意したいのは、賞与の場合は上限額が決まっていることです。健康保険・介護保険の上限は、573万円(年度は毎年4月1日から翌日3月31日まで)です。573万円を超えた額については、健康保険料と介護保険料はかかりません。いっぽう、厚生年金保険は1ヶ月で150万円です。150万円を超えた額については、厚生年金保険料はかかりません。




賞与支払届の提出


賞与を支払った場合、賞与支払届を提出しなくてはいけません。支払日から5日以内に、日本年金機構の都道府県事務センターまたは管轄の年金事務所に郵送・持参します。すると、通常の給与分に賞与分の社会保険料を加えた額の納付書が届きます。従業員さんから控除した額に、会社負担分を合わせて納付書により納付します。

なお、毎年賞与を支払っている会社については、支払予定月の前月に日本年金機構から用紙一式が届きます。あらかじめ従業員名などの情報が印字されていますので、そちらを利用すると簡単です。

賞与を支払う時期が変わった場合には、賞与支払届総括表または算定基礎届総括表に新しい支払予定月を記入して提出します。









算定基礎届提出を代行。お気軽にご相談ください。

算定基礎届、定時決定の流れ   お客様の声



社会保険労務士、行政書士への無料相談   算定基礎届のお申し込み




算定基礎届のお申込み

社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 算定基礎届、定時決定を外注したい。
  • 助成金の相談もしたい。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士からの推薦




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

行政書士の会社設立、社会保険労務士の助成金、労働保険加入、雇用保険、社会保険加入にも対応




算定基礎届、定時決定のお申し込み

社会保険労務士、行政書士業務のお申込

申請・提出の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。




算定基礎届、定時決定のご相談

社会保険労務士、行政書士へのご相談

申請・提出に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




算定基礎届、定時決定の業務対応地域ご案内

対面しての算定基礎届、定時決定業務は札幌市、北海道内に対応(石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市 旭川市 帯広市 釧路市 函館市など)、当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。


社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み


このページの先頭へ