標準報酬月額とは

標準報酬月額とは、毎月の給与から天引きされている社会保険料の金額を決めるためのベースに当たるもので、社会保険料はこの標準報酬月額に保険料率をかけて計算されていますが、実際の給与額とは一致しません。


標準報酬月額は、健康保険は第1級(58,000円)~第47級(1,210,000円)、厚生年金保険は第1級(98,000円)~第30級(620,000円)と等級が定められており、原則として4・5・6月に支払われた報酬額を3で除して、1ヶ月の平均報酬額を算出し、標準報酬月額表に当てはめて決定します。


例をあげると、給料額が「310,000円以上330,000円未満」の場合には、標準報酬月額は「320,000円」となります。つまり、給料額が31万円の人も32万9千円の人も、同じ「32万円」という標準報酬月額になるということです。

また、前年の7月1日から本年の6月30日までの間に、賞与として4回以上支給されている場合には、その賞与の総額を12等分して、4・5・6月の各月に加算した額で標準報酬月額を出します。

また、次の場合には注意が必要です。



4月、5月の途中で入社した場合

4月中に被保険者資格を取得し日割計算した場合は、5月と6月の報酬で決定されます。5月に被保険者資格を取得し日割計算した場合は、6月の報酬のみで決定されます。仮に4月または5月の支払基礎日数が17日以上あっても、日割りした場合はその月を除いて算定し決定されます。



昇給差額があったとき

4月や5月の支給の中に、3月に支払うべきであった昇給差額として含まれていた金額があれば、それを差し引いた額を3で除した平均報酬月額で決定されます。



7月、8月の退職予定者の場合

7月や8月に退職を予定している人は9月以降の標準報酬月額が適用されることはありませんが、7月1日現在では退職はあくまでも予定ということですので、届出は必要になります。



パートタイマーの人の場合

4~6月の中に1ヶ月でも17日以上の支払基礎日数があれば、一般被保険者と同様の方法で算定します。各月とも15日未満の場合は保険者の算定となりますが、各月とも支払基礎日数15日以上17日未満の場合は、その3ヶ月の平均報酬をもとに算定します。1ヶ月又は2ヶ月が15日以上17日未満の場合は、15日以上17日未満の月の平均額をもとに算定します。







算定基礎届提出を代行。お気軽にご相談ください。

算定基礎届、定時決定の流れ   お客様の声



社会保険労務士、行政書士への無料相談   算定基礎届のお申し込み




算定基礎届のお申込み

社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 算定基礎届、定時決定を外注したい。
  • 助成金の相談もしたい。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士からの推薦




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

行政書士の会社設立、社会保険労務士の助成金、労働保険加入、雇用保険、社会保険加入にも対応




算定基礎届、定時決定のお申し込み

社会保険労務士、行政書士業務のお申込

申請・提出の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。



算定基礎届、定時決定のご相談

社会保険労務士、行政書士へのご相談

申請・提出に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




算定基礎届、定時決定の業務対応地域ご案内

対面しての算定基礎届、定時決定業務は札幌市、北海道内に対応(石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市 旭川市 帯広市 釧路市 函館市など)、当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。


社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ